ニッコウキスゲとノビタキとのコラボを狙い昨年は急遽思い立って遠征しましたが、見頃を完全にはずして残念な思いをしました。
今年こそ!と先月から開花情報をチェックして、出撃の時期を考えていたニッコウキスゲ。
本当ならあと3~5日後が最高なんでしょうが、そこは宮仕えの悲しいところ。

日の出とともに探索を開始。


ファーストショットは4:58でした(笑。
まだ少し赤みがかかった光です。
DSC_7896_2



5:01
少しずつ明るくなって、光のトーンも変わってきました。
DSC_7903



5:02
場所によっては完全に朝日が差し込んで、ニッコウキスゲも瑞々しい色が出ます。
DSC_7911




ここは去年とは別のポイントで勝手が分からず、一度一周して全体を把握することに。
ニッコウキスゲが見られなくなった辺りでは、メスがサービスしてくれました。
DSC_7924



もしかしたら、これが今日の一番のお気に入りかも。
DSC_7931



2周目になるともう6時を過ぎて、ポイントには高原の爽やかな朝日が差し込みます。
DSC_7943



DSC_8040



DSC_8044



DSC_8088



なかなかノビタキが近くのニッコウキスゲにとまってくれず9時半を回り、高原とはいえ真夏の日差しが照り付けて待つのもかなり厳しい状況になってきました。

そんな折、ホオアカが至近距離にとまったので夢中で撮っていたら、同行のT氏が「来た!」と。
顔を上げるとノビタキがニッコウキスゲの花にとまっていました。
少し距離はありましたが、それでも今日の最短距離。

少しだけタイミングが早く見頃とまではいきませんでしたが、念願のニッコウキスゲと夏羽根ノビタキを撮影できたので、これでどうにか撤収です。
DSC_8226



DSC_8250